タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

インフルエンザが流行する季節

インフルエンザの流行する季節は主に冬から春先にかけて、12~3月に流行します。
散発的に4、5月まで続いたり11月頃からインフルエンザにかかる人もいますが、一般的なピークの時期は12~3月と言われています。

インフルエンザが前述の時期に流行するのは、気温が低く乾燥している冬は大気中に漂っているインフルエンザウイルスが長生きできるからです。
ウイルスは通常の状態でも1~3日目をピークとして発熱から7日目頃まで感染力をもっています。
そのため、熱が引いたからといって安易に仕事や学校に行くことも感染の拡大に繋がります。
最近では学校だけではなく、会社規模でもインフルエンザにかかった場合は1週間出勤停止などの処置を取る企業もあるようです。

また、冬の乾いた冷たい空気で喉や鼻の粘膜が弱る季節、というのもひとつの原因です。
冬は年末年始もあり、人の移動が多い季節でもありウイルスは全国的に広まり、流行しやすいと言えるでしょう。

インフルエンザの初期症状

ただの風邪なのかインフルエンザなのか、早めにわかって早めに対処することがインフルエンザの重症化を防げると言っても良いでしょう。
風邪とインフルエンザの症状は、喉の痛み、鼻水、咳などが出ることに関して言えばどちらも変わりありません。
では風邪とインフルエンザは何が違うのか?

インフルエンザの最大の特徴は発熱する際の体温上昇の程度です。
インフルエンザでは発熱するとすぐに体温は38度を超えてしまいます。
人の体は朝方より夕方や夜の方が体温が高くなりますが、朝から38度以上の熱があった場合はインフルエンザを疑って下さい。
また、熱の上昇程度以外にも極度の悪寒やそれに伴う震え、倦怠感や全身の関節の痛みなど症状は体全体に現れ、倦怠感や関節痛は長くて5日間ほど続くことがあります。
型によっても症状が違い、前述にあげた例はインフルエンザA型に多く、A型はウイルスが変化しやすく感染力が高いことから世界的に流行することが多くあります。
インフルエンザB型はA型とは違い突然変異を起こすことはないため、大流行することは少ないと言われています。
インフルエンザC型は、感染した場合も風邪程度の症状が出ません。C型に対しては多くの人が免疫を持っていると言われています。
普通の風邪と違い、インフルエンザは市販の風邪薬などは効きにくいため、初期症状を見極め、早めに病院にかかるようにしましょう。