タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

インフルエンザで熱が下がらないときの対処法

インフルエンザは11月ごろから流行りだす、ウイルス性の感染症です。おもにくしゃみや咳など飛沫によって感染していきます。ウイルスには3種類があり、かかると重症化するのがA型です。
インフルエンザの症状の特徴は風邪とは違い、いきなり高熱が出る、喉の痛みが激しい、全身の倦怠感、関節痛があるといった急性的なものが多いです。手洗いやうがいをきちんとしていても感染力が強いため、ちょっと体が疲れている時など免疫力が低下している時は簡単にうつってしまいます。
潜伏期間は3日以内です。ウイルスは増殖能力が強いため、気がついたときにはすでに症状が出ていることが多くあります。
インフルエンザは38度以上の高熱がいきなり出ますが、そういった場合安易に解熱剤を使用しないようにします。高熱が出ていると熱をさげようと思ってしまいますが、体がウイルスと闘っている証拠ですのでむやみに熱を下げないようにします。
なお、医者からタミフルやリレンザなど抗インフルエンザ薬を処方され、使用しても熱が下がらない場合もあります。
高熱はより体力を低下させたり、汗によって体の水分が奪われることもあるため、39度ぐらいになったら座薬やアセトアミノフェン系の解熱剤を使用します。解熱剤によっては使用するのが難しいものもあるので、自己判断で使用しないように気をつけます。また、小さな子どもや老人の方は脱水症になったり、インフルエンザ脳症にかかったりすることもあるので、脱水症状に気をつけ注意深く見ているようにします。抗インフルエンザ薬を使用しても3日以上高熱が続く場合は、気管支炎やぜんそく、中耳炎を併発している場合があるので、もう一度受診した方が良いでしょう。
インフルエンザで熱が下がらない時の対処法は、意識があるか、視線がきちんと合っているかなど全身の様子をきちんと観察把握し、脱水症状を起こさないよう水分補給を十分に行います。睡眠を十分に取り安静にしていることも大切です。

タミフルの適切な服用期間

市販で販売されているような風邪薬は症状が治まったら服用しない、という人が多いでしょう。
しかしインフルエンザなどの強力なウイルスの場合は、表面に症状が出ていないからといって油断してしまうと再発の恐れがあるのです。
そのためインフルエンザ治療薬でもあるタミフルの服用期間を予め知っておく必要があります。
タミフルは原則として、5日間の服用期間を設けています。
5日間のうちに体調が良くなったり、発熱が治まったりしても、この期間は服用を中断してはいけません。
インフルエンザの症状が軽くなったとしても、ウイルスそのものはまだ体内に潜伏している可能性があるためです。
そのため自己判断で断薬することは症状が長引いてしまう事に繋がりますので、もしもお薬が余っているけど体調が良くなったからもう服用したくないという場合には、医師の診察を受けてその判断に従うようにしましょう。