タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

インフルエンザと保育園の取り組み

インフルエンザは一般の風邪とは違い、ウイルス性の感染症で重症化することが多くあります。
突然の高熱、鼻水、咽頭痛、頭痛、全身の倦怠感、など風邪より重い症状が出てきます。
また、喉など呼吸器付近に増殖することが多く、咳や鼻水が止まらないこともあります。
インフルエンザはA型のものから流行し、2月から3月ごろB型が流行します。
A型の方が重症化しやすく、注意が必要です。
インフルエンザの感染経路はくしゃみや咳などの飛沫感染、ドアノブや同じタオルを使用したことによる接触感染があります。
主に飛沫により感染していきます。感染しないためには手洗いうがいの徹底、流行時期には人ごみにでない、睡眠を多くとり免疫力、抵抗力を高めておく必要がありますが、ウイルスは増殖力が大変強く、家族など身近な方がインフルエンザにかかっている場合、共に感染してしまいます。
また、小さい子どもの場合はインフルエンザにかかると重症化することがあります。
乳幼児は感染した経験が少ないこと、自分の症状を伝えられないこと、保育園など不特定多数の子どもと触れ合う機会が多いことなどが理由の一つです。
汗や下痢、嘔吐による脱水症状やインフルエンザ脳症、中耳炎、気管支炎など感染したことによって引き起こす症状もあるので、いきなりの高熱が出た場合は家にある解熱剤や風邪薬を使用せず、早めに小児科に受診するようにします。
なお、インフルエンザにかからないように保育園では様々な取り組みをしています。
1年を通して手洗いうがいの指導や、11月ごろから流行しはじめるインフルエンザを保育園の職員全員が理解すること、保護者への説明など行っています。
保育園内に感染者が出た場合は、保育園内をていねいに消毒、殺菌したり、年齢ごとに何人感染しているかを保護者へも伝える仕組みになっています。
保育園で大規模に流行しないよう、また感染者が増えないよう保育園と保護者が連携して予防に取り組んでいます。

インフルエンザ予防ポスターの効果と意味

季節性のインフルエンザには型が3種類あります。比較的流行し、感染すると重症化しやすいA型、A型がおさまったころの3月ごろに流行するB型、軽い症状で鼻風邪のようなC型の3つです。
季節性インフルエンザは症状として喉の痛み、鼻水、急な高熱、関節痛などがあり、明らかに風邪とは違った症状がでます。
全身がだるくなるなどのひどい倦怠感も現れます。
また、子どもや妊婦、老人の方、持病を持っている人は一般の方より重症化する傾向にあります。
周りにインフルエンザに感染した人がいる場合は風邪薬で対処せず早めに病院に受診するようにし、感染が拡大しないように外出を控えます。
なお、インフルエンザに感染したかどうかは発熱してから半日以内に鼻や喉の粘液を細い綿棒でとることにより15分ぐらいでわかるようになっています。
発熱してから1日たつと感染していても判断として出てこないので気をつけるようにします。
インフルエンザは潜伏期間が3日以内で症状が出る1日前から、症状が落ちついた5日ぐらいまで人に感染します。
大変強いウイルスで感染している人の近くにいるだけでかかってしまう事があります。
流行する危険性もあることから、厚生労働省などがインフルエンザ予防ポスターを掲示しています。
この予防ポスターは毎年かわいいキャラクター等が描かれて、ぱっと見ただけでわかりやすいものとなっています。
そのため、学生など若い人を引き付ける効果もあります。
インフルエンザウイルスは咳、鼻水等の飛沫感染がおもな感染経路なので、具体的にマスクをつけよう、人ごみの中で咳をしないようにしよう、などと書かれています。
予防ポスターの効果は流行する前から掲示することにより、勤労者や子どもに感染する季節がやってきたことを視覚に訴えることができます。
また、比較的働いている方は休みが取りにくく、無理をした結果インフルエンザ感染が拡大することが多いので、企業に知らせ休みを取りやすくする効果もあります。