タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

インフルエンザ予防接種の受ける時期は?

毎年冬になると必ずといっていいほどインフルエンザが流行します。
症状は人によって重症、軽症がありますが、ほとんどの場合は急に寒気がして高熱を発し、頭痛や吐き気、下痢、咳などを伴う場合もあります。
抵抗力の弱い乳幼児や高齢者、また持病のある人がかかると重症化して時には脳炎、肺炎などの合併症を引き起こし、時には死につながることもあるのです。
そしてインフルエンザが患者の咳やくしゃみなどの飛まつ感染で感染が広がっていきます。
くしゃみでは2mも3mもウイルスが飛ぶとも言われていて、どこから感染したかわからないけれど発症するという場合があります。
ましてや保育園や幼稚園、学校などたくさん子どもたちが集まるところや、電車や建物など閉ざされた空間で人がたくさん集まるところではすぐに他の人に感染してしまいます。
その感染者の中には重症化をしてしまう人もいるので、インフルエンザと診断されると学校や幼稚園、仕事は休み外出を避けて自宅で療養する必要があります。
自分では気を付けていてるつもりでも、電車の中や人がたくさん集まるところでいつ感染するかはわかりません。
インフルエンザの感染を防ぐには予防が大切です。
外から帰ったら必ずうがいと手洗いをし、のどや鼻、手についているかもしれないウイルスを洗い流すようにします。
そして予防接種を受けることが感染予防になるのです。
予防接種は軽くウイルスを体内に入れることで免疫力を付けるため、同じ型のインフルエンザにはかかりにくくなります。
ただ受けた予防接種の型と違うタイプのインフルエンザにはかかることもありえますが、一般的に毎年大流行をする型にはかかりにくくなるのです。
そして予防接種を受ける時期ですが、接種を受けてから免疫ができるまでに2週間くらいの時期が必要になります。
毎年1月上旬から3月上旬ごろに大流行をするので、遅くても12月上旬か中旬までには受ける必要があります。
予防接種を実施する前には予約ができる時期があるので、かかかりつけ医や近所の個人病院で早めに予約をしてから受けに行くとよいでしょう。

インフルエンザ予防接種の料金価格は?

インフルエンザの予防接種は、公的補助のある高齢者を除き、医療機関が自由に料金を決められる自由診療です。
そのため、医療機関ごとに1回の接種料金が異なります。
一般的には、2,000円台から3,000円台が平均的な料金です。
しかし、6,000円を超えることもあれば、1,000円程度で受けられることもあるほど、医療機関によって差があります。
ここまで料金に差がある理由は、医療機関の考え方による違いが大きいからです。
1,000円程度で受けられる医療機関は、赤字でインフルエンザの予防接種をしています。
普段から訪れない患者さんと接点を持つために、格安でインフルエンザの予防接種をおこない、つながりを持とうとしているわけです。
予防接種をしてつながりを持てれば、今後その患者さんが病気になったときに、その医療機関を訪れることもあるでしょう。
もちろん患者さんのことを最優先に考えて、格安でインフルエンザの予防接種をしている医療機関もあります。
ですが、赤字覚悟でインフルエンザの予防接種をしている医療機関の一部には、広告費だと割り切り格安でおこなっているところもあるのです。
しかし、赤字覚悟の宣伝費だと考えていても、医療機関は様々な手段でコストカットし赤字を減らしています。
販売業者と納入価格の交渉をしたり、スタッフの人数を減らすなどしたりして、さらには完全予約制にするなどして、コストカットしています。
格安でインフルエンザの予防接種を受けられるのには、医療機関の努力があるからです。
しかし、少しでも安い料金でインフルエンザの予防接種を受けたいのは、患者側としては当然のことです。
料金を安くしたいなら、家族割や早割などを利用すると良いでしょう。
これらのキャンペーンを利用すれば、通常の料金とよりも格安で受けることができます。
安い料金の医療機関を調べたり、キャンペーンを利用するなどして、賢くインフルエンザを予防しましょう。