タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

インフルエンザ流行マップとは?

インフルエンザ流行マップは、都道府県の保健所が発表しているマップです。
国立感染症研究所感染症情報センターの情報に基づき、各都道府県の流行状況を集計し発表しています。
発表されている情報は警報レベルと注意報レベルの2種類があり、それぞれ3段階に分けられています。
警報は赤色で3段階、注意報は黄色で3段階に分れていて、それぞれの色が濃くなっている都道府県ほど、インフルエンザが流行していることになり、一目で確認することができる優れたマップです。
流行マップの地方を選ぶと、その地方を拡大してみることができて、とてもわかりやすくなります。
さらに地方のページから各都道府県を選ぶと、流行の推移グラフを見ることができます。
グラフでは、横軸が過去4週間の推移、縦軸がその都道府県で警報・注意報が出ている割合です。
グラフで見てみると、過去4週間の推移をすぐに把握することができるでしょう。
流行マップには、季節性インフルエンザ指数マップもあります。
指数マップは、過去の研究成果と流行データから、民間会社が独自に発表している指数です。
指数マップでも流行マップと同じように、都道府県ごとに確認することが可能で、3時間ごとの推移を見ることができます。
細かく発表されているので、インフルエンザの流行状況やウイルスの活動状況を確認するためには、役立つマップでしょう。
しかし、流行マップでも指数マップでも、どちらも流行状況の指数や参考値です。
流行マップから読み取れるのは指数なので、各都道府県が発表する警報とは異なります。
指数マップも、あくまでも参考値なので、参考程度に留めておかなければいけません。
流行マップや指数マップを確認し、インフルエンザの流行状況を把握し、予防をしておくことは大切です。
しかし、一番大切なことはデータに頼る前に、普段から予防や対策をしておくことです。
普段からインフルエンザの予防や対策を疎かにせず、流行マップや指数マップは確認しましょう。

インフルエンザの感染源と潜伏期間について

インフルエンザは毎年冬の時期になると流行するウイルス性の感染症です。インフルエンザにはA型、B型、C型とありA型はその中に何種類かあります。また、A型はほかの型よりも症状がひどくなる傾向にあります。近年では新型インフルエンザも流行し、冬だけでなく夏にも流行するようになってきました。
症状は2から3日程度の潜伏期間をへて、急な高熱、咽頭痛、頭痛、ひどい倦怠感がでてきます。他の風邪と違い急な発熱と全身に悪寒が出てくるのが特徴です。小さい子どもやお年寄り、妊婦、持病がある方は罹ると重症化することもあり、インフルエンザか風邪かの見極めが重要になってきます。家族や、周りにインフルエンザの方がいて似たような症状の場合、感染している可能性が高いので、熱が出てから半日たったころ、病院に行き、検査をしてもらうようにします。
検査は感染源を特定するものではなく、インフルエンザに感染しているか、感染している場合何型のものかを鼻や喉から綿棒の細いものを入れ、粘液をこすり調べます。だいたい15分ぐらいで結果が出てきます。
なお、発熱してからすぐには出てきません。また、発熱後1日たってしまっても感染しているかどうかでてこないので、発熱後12時間以内に調べるようにします。
潜伏期間は長くて3日となっていますが、潜伏期間の1日前からインフルエンザにかかった後一週間は他の人に感染させてしまうといわれています。インフルエンザにかかってしまった場合は早めに休息をとり、他の人にうつさないように心がけ、発熱などの症状が治まっても外出は控えるようにします。
主な感染源はどの型も飛沫感染が多いです。咳やくしゃみ、鼻水をかんだティッシュをさわっても感染していきます。感染力は強いため、あっという間に広がるのが特徴のひとつです。
ですが、くわしい感染源は特定されないので、日ごろから手洗い、うがい、適度な換気をおこなっておくようにします。