タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

オセルタミビル(ノイラミニダーゼ阻害剤)とは

オセルタミビル(ノイラミニダーゼ阻害剤)とはインフルエンザ治療薬のことで商品名「タミフル」で販売されています。
インフルエンザA型、インフルエンザB型のウイルスに作用しますがB型には効きにくいと言われています。
また、ノイラミニダーゼを持たないC型インフルエンザにはこの治療薬は効果がありません。

オセルタミビルはインフルエンザウイルスに直接作用のある世界で初めての経口薬です。飲み薬なので安定した効果が期待できます。
形状はカプセルの他に小児にも飲みやすいドライシロップがあります。
この薬に関して、因果関係ははっきりしていませんが10代の若者を中心に異常行動による重大事故が報告されています。
不確実な要素がありますが、厚生労働省の研究において突然走り出す、等の危険な行動を起こす割合が高い傾向でした。
症例数が少なく明確な結論は得られていませんが、これらを受けて10代への処方は引き続き差し控えることになっています。

オセルタミビルの作用機序

オセルタミビルも含め、現在使用されている抗インフルエンザ治療薬にはインフルエンザウイルスを殺すわけでなく、その増殖を抑える作用を持っています。
増殖を抑えるための薬ですのでウイルスが既に増殖してしまった後では効果がありません。
発症早期に服用する必要があります。(※具体的には48時間以内と言われています)

オセルタミビルの作用機序の説明の前に、まずはインフルエンザウイルスの増殖の仕方についてご説明します。
ウイルスはまず細胞に吸着、その細胞内に侵入した後ウイルス自身の膜を除去して細胞内にRNAという遺伝情報を出します。
放出されたウイルスのRNAは核内に取り込まれ、インフルエンザウイルスの遺伝子の合成が行われます。
複製された遺伝子からたんぱく質などが作られ、新しく作られたウイルスは細胞外へと遊離します。
この遊離の際にノイラミニダーゼという酵素が重要な動きをするのですが、オセルタミビルはその動きを阻害する作用を持っています。
ノイラミニダーゼを阻害し、インフルエンザウイルスが遊離するのを防ぐ、というのがオセルタミビルの作用機序です。