タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

タミフルとリレンザの違い

タミフルとリレンザは、作用機序はほとんど同じでノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を阻害し、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用があります。
しかしタミフルとリレンザで最も異なるのはその使用方法となります。
タミフルは水と共に服用するカプセルタイプですので、年齢に左右される事なく、誰でも使用する事が可能な医薬品ですが、リレンザはディスクヘラーと呼ばれる吸入器を用いて服用するパウダータイプのお薬ですので、まずはその使用方法を事前に確認しなくてはなりません。
しかし直接お薬を吸入するためリレンザの方が即効性に富んでおり、吸入薬であるために全身に及ぼす影響が少なく、副作用の発現も比較的少ないと言われております。
逆に、タミフルとリレンザに共通している点としては、A型、B型のインフルエンザウイルスに対し非常に効果があり、C型ウイルスには全く効き目がないという点です。
さらに、耐性ウイルス出現が少ないことでもタミフルとリレンザは共通しており、投与期間も5日と変わりありません。
そのためどちらの方が優れているという事はありませんが、もしも患者が高齢者もしくは小児の場合は、簡単に使用できるタミフルを選択される事をお勧めします。

安価で同じ効果をもつタミフルジェネリック

タミフルジェネリックは、インフルエンザ治療薬として高い効果のあるタミフルのジェネリック薬です。
ジェネリック薬なので、タミフルよりも安価でありながら、インフルエンザに対して同じように高い効果があります。同じように効果がある理由は、薬に含まれている有効成分のオセルタミビルです。
有効成分がウイルスの増殖を抑えることができるので、A型とB型のインフルエンザに高い効果を発揮します。
ただし、より効果的にするためには、発症から短時間で服用しなければいけません。
理想的なのは、発症から48時間以内であると、高い効果があるとされています。
また、インフルエンザにかかりやすい高齢者、持病のある方に対しては、治療だけではなく予防にも効果的です。
タミフルジェネリックの使用方法は、1日2回服用します。朝と夕方に1カプセルずつ、5日間服用するのが正しい使用方法です。安全に服用するために、医師の指導を仰ぎながら服用すると良いでしょう。
安価で高い効果のあるタミフルジェネリックですが、服用する前に注意事項を守り、該当する場合は使用してはいけません。
一番大きなタミフルジェネリックの注意事項は、10代の未成年が服用する場合です。
10代の未成年が服用してしまうと、幻覚症状が現われ、異常行動を起こすこともあります。この異常行動については、タミフルでも現われ社会問題にもなりました。安価なジェネリック薬といえども、高価が同じなら副作用も同じです。
10代の未成年は服用を控え、服用した場合は家族で異常行動を起こさないように監視してください。
また未成年の他にも、アレルギー体質の方、妊娠中や授乳中の方などは、服用前に必ず医師の診察を受け、相談するようにしましょう。
安価なタミフルジェネリックは、個人輸入代行業者を通じて、一般の人でも手に入れることができます。
ネットで簡単に買えると自分の判断で服用してしまいますが、医師に相談してから飲みましょう。