タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

タミフルによる異常行動

タミフルによる異常行動については様々な報告があります。
まず問題となっている異常行動はどんなものかという点ですが、一般的には見えないはずのものを見えると言ったり、意味もなく笑ったり意味不明の言葉を発したり、というものです。
小児の場合は薬の服用に関係なく、高熱を出した時に「熱性せんもう」といって幻覚・幻聴などから異常行動をする場合があり、特にインフルエンザの場合こういった症状が出やすいとされています。
また、小児が意識障害を起こしたり痙攣をおこしたりする病気に脳症や脳炎があります。
こちらもインフルエンザに感染した後にかかることが多くインフルエンザ脳症と呼ばれることが多くあります。
死亡率は5割、助かったとしても後遺症が残ってしまう確率も2割を超えている恐ろしい病気です。
これらの病気が存在することから、厚生労働省では異常行動についてはインフルエンザによる脳症・脳炎の症状でありタミフルの副作用とは言い切れないと発表していました。
しかしあまり脳症・脳炎になりにくい10代の若者にも転落や飛び降りといった異常行動が見られることから10代の未成年者へのタミフルの使用は原則中止とされています。

世界的に使用されているタミフルですが、海外では異常行動の事例は少なく、日本ほど問題視もされていません。
脳症・脳炎は日本人に多い病気ですし、タミフルの消費量が多い日本だからの事例なのでしょうか?
タミフルを服用した後に異常行動を起こした、または死亡したという事例の中には他の薬を服用していた例もあり、未だにそれらの異常行動がはっきりと「タミフル」のせいである、という研究結果はありません。

タミフルの妊婦への影響

ネットのSNSや掲示板では妊娠中にインフルエンザにかかってしまった時にどういう対処をしたのかという意見が多く見られます。
お腹の中に自分以外の命を預かっている身ですので心配になるのも当然かと思います。
成人がインフルエンザにかかった場合多くはタミフルを処方されるかと思いますが、妊婦に対するタミフルの処方は各担当医師によることも多いです。
服用の有無を本人に委ねる場合もあるようですが、結論から言ってタミフルが妊婦に何らかの影響を与えることはありません。

2009年から2010年にかけて新型インフルエンザが世界的に大流行しました。
妊婦はインフルエンザが重症化しやすく海外での死亡報告も多かったことから日本では早期の予防とインフルエンザの治療に抗インフルエンザ薬の服用を勧めていました。
国内では新型インフルエンザが原因での妊婦の死亡は現在のところなく、早期予防と薬による治療は大きな成果を上げています。
妊娠中に抗インフルエンザ薬を投与された妊婦についてその後の妊娠経過を解析したところ、タミフル・リレンザを投与された方々の流産や死産、早産や低出生体重児の増加などは報告されておらず、投薬によっての心形態異常やその他奇形などのリスクも増加されませんでした。
以上のことからタミフルが妊婦に何かしらの異常をきたすことはなく、逆に飲まずに40度の高熱を出す方がお腹の中の胎児には問題だとされる意見もありました。