タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

タミフルの副作用と看護手引き

タミフルはA型、およびB型のインフルエンザ感染症治療に用いる薬です。
タミフルはインフルエンザウイルスの持つノイラミニダーぜという酵素を阻害します。
インフルエンザウイルスは人に感染して増殖する時には人の細胞でDNA複製を行います。
ここでDNAが複製されて、新たなウイルスが人の細胞内でできたら、新たなウイルスは脱殻をして細胞外へ出ていき、別の細胞へと移っていきます。
ノイラミニダーぜはこの脱殻に必要な酵素で、これを阻害することでウイルスの増殖を抑えることができます。
タミフルはこのノイラミニダーゼを阻害してインフルエンザウイルスの増殖を抑制します。
タミフルは抗インフルエンザ薬の中で唯一飲み薬タイプの薬なので、イナビルやリレンザのような吸入タイプよりも使い方がシンプルで、アドヒアランスの向上につながります。
ただ飲み薬タイプだからこそ副作用の起こる可能性もあります。
タミフルは比較的副作用は出にくい薬です。ただまれに過敏症とみられる、ショック、発疹などが起こることがあります。
こういった場合には医師に早めに相談して抗ヒスタミン剤などのアレルギー疾患治療薬を処方してもらうといいでしょう。
また以前タミフル服用中に飛び降りなどの異常行動が起こって問題となりました。
これがタミフルによる副作用なのかはいまだに分かっていません。
イナビルやリレンザによってもこの副作用は起こります。
ただタミフルの有効成分が脳内に移行することは分かっています。
また服用時の看護の注意点ですが、特に10代の子供で飛び降りなどの異常行動が起こる確率が高いので、そういったことがないように看護する必要があります。
しっかり目を離さないように気を付けましょう。
またこの異常行動は熱がある間に起こりやすいので、発熱している間は特に目を離さないように看護してあげましょう。
またインフルエンザの解熱に使える解熱剤は種類が限られるので、勝手に医師の指示した以外の薬を使用しないようにしましょう。

タミフルの副作用による脳症の危険性

タミフルは現在10代未成年者に対して異常行動が起こる事による事故防止の為使用していません。
異常行動についてはいくつかの原因があり、それが直接タミフル服用による副作用が原因と特定する事は難しい事です。
それは異常行動を引き起こす引き金になってる原因は他にもある為です。
一番可能性の高い原因は熱性せん妄です。高熱のために一時的に幻覚やせん妄状態になる事でこれは後遺症も無く心配の要らないものとされています。
インフルエンザに罹った時などは症状として高熱を出している事が多いので熱性せん妄も起こしやすい状態にあります。
もう一つは脳炎・脳症です。インフルエンザのウィルスは鼻を通って感染する為鼻のそばにある前頭葉が影響をうけやすくなります。
前頭葉は感情を司る場所の為ここに刺激が入ると幻覚やせん妄が出やすくなります。
但し、インフルエンザの症状が出始めている時はタイミングとして鼻の中のウィルスが増殖を始め熱が上がりだすので、この時点でタミフルを服用すると言う事は薬の効果で炎症を抑えるので逆に前頭葉からの影響で脳炎・脳症は起こり難くなるはずです。
少なくとも意識障害や幻覚せん妄などが症状として出た場合は前頭葉の影響している可能性があり、タミフルの副作用が原因と特定する事はできません。
もし脳症なら発熱していから48時間以内で症状が出てくるためこの段階でタミフルを服用しても症状を抑える事はできません。
しかも脳症を起こした患者の比率はタミフルを使用した場合とそうでない場合と殆ど同じ数字になる事などから、脳症を引き起こしている原因が副作用かどうか特定できない事になります。
服用する事で危険性が上がる事が証明できない以上、全ての可能性を考えて周りの人が異常行動を起こすかどうか充分な観察をすれば危険性も下がります。
ではタミフルによる副作用とは具体的にどんな状態の事を指すのかというと熱が無い状態で意識障害が起き痙攣を起こす事になります。

タミフル副作用の低体温症に注意

タミフルの副作用については厚生労働省からも使用上の注意が一般に知らされていて、頻度は低いのですが、様々な副作用があるので、服用を始めてすぐに何らかの異常を感じた場合には医療機関を受診することが必要となるので、タミフルを服用するときには使用上の注意を良く読んで副作用の初期症状などをしっかりと把握しておかなければなりません。
タミフルの副作用として多いとされるものは動悸や血圧低下、蕁麻疹、息苦しいという症状で、これに関してはアレルギー症状の可能性もありますが、血圧低下が起きることで低体温症になる可能性もあるので、体温が低くなり始めたら低体温症を疑って、すぐに医療機関を受診することが大切です。また低体温症に加えて意識がぼんやりしたり、意識がなくなるなどの症状がある場合には脳に異常が起きた可能性があるので、幻覚が見えているように感じたらすぐに医療機関を受診して、症状を詳しく説明して適切な治療を受ける必要があります。
タミフルの副作用に関しては早期に発見をして治療をすることで、軽症で済むことが多いのですが、気が付かないまま放置しておくと、幻覚がひどくなったり、衝動的な行動を起こしてしまってトラブルになることもあります。特に子どもが服用した時に幻覚などが起きるとされているので、服用したら目を離さないようにしなければなりません。またタミフルを服用した直後に腹痛や下痢、吐き気、嘔吐などが起きた場合にはアレルギーなどのショック症状が起きている可能性もあるのですぐに医師や薬剤師に相談をして、早めに対処ができるようにしなければなりません。
タミフルは安全な医薬品として一般的に使われているのですが、インフルエンザによって体力が低下していたり、意識が朦朧としているときに服用すると副作用が起きる割合も増えるので、とくに体力がない子どもやお年寄りがインフルエンザにかかって、タミフルと服用すると幻覚を見てしまうことが多くなります。