タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

リレンザよりタミフルが選ばれる理由

インフルエンザの治療薬として一番有名なものはタミフルです。
それまではインフルエンザの治療は解熱剤などでの対症療法に限られていましたが、2001年にタミフルが保険適用となり、インフルエンザの治療は大きく前進しました。
タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果があり、発症後48時間以内に服用するとウイルスの増殖を止めることができます。
カプセルとドライシロップ(粉薬)の2種類があり、一日2回5日間飲み続けます。
しかしタミフルを服用した未成年がベランダから飛び降りるなどの異常行動が見られるケースがあり、厚生労働省は2007年3月に原則的に10代への使用は禁止という通達を発表しました。
それに変わり使用されることが多くなったのはリレンザという薬です。
リレンザも効能はタミフルと同じくA型とB型の両方に効果があります。
リレンザは内服薬ではなく、専用の吸入器の使用して吸入します。
使用方法は1回2吸入を1日2回、5日間続けます。
吸入薬であるため、呼吸器疾患のある人は吸入したときに気道が刺激され、呼吸器系の発作を起こすことがあります。
このように、両方とも同じ効能で同じような使用方法ですがそれぞれ副作用があります。
患者が10代でなければ、選ばれることが多いのはタミフルです。
小さな子どもには吸入薬の使用は難しいからです。
カプセルが飲めなくてもドライシロップで簡単に飲ませることができます。
異常行動の副作用の問題は、大人が近くで見守っていれば解決することが出来ます。
万が一異常行動が起きた場合でも、10代以下の子供であれば大人の力で止めることができるでしょう。
また、高齢でうまく吸入薬を使えない患者にもタミフルが選ばれます。
特に認知症の患者や寝たきりの患者など、自分の意志では薬を飲むのが難しい患者がでも、ドライシロップを水などに溶かして楽に飲ませることが出来ます。
このように、異常行動のリスクさえ排除出来れば、タミフルはインフルエンザの第一治療となってます。

タミフルはインフルエンザ予防薬としても優秀

インフルエンザは、毎年寒い冬の時期になると、多くの方が発症する病気です。
このインフルエンザの一番の特徴は、いきなり40度近いくらいの高熱が出ることです。
また、さらに激しい体のだるさを感じたり、全身の筋肉痛、関節痛などの症状が強く生じます。
さらに症状が悪化すると、肺炎や気管支炎などの病気を発症したり、心不全や脳炎になって命を落とすことも有ります。
いったんインフルエンザを発症すると、なかなか改善しません。
なので、とても厄介な病気といえます。
そんなインフルエンザの予防薬として、タミフルが一般的に認知されています。
このタミフルは、A型とB型両方のインフルエンザウイルスに有効な予防薬です。
タミフルは、インフルエンザを発症した場合、発症から48時間以内に服用することで症状を緩和することができます。
通常、朝と夕方にタミフルを1カプセルずつ1日2回、最低でも5日間服用することが大事です。
インフルエンザの発症から服用までの時間が短いほど、治療効果が高くなります。
その逆に発症してから48時間が過ぎた場合、予防薬としての効果がなくなります。
なので、すぐに病院で診断してもらったほうが良いです。
このタミフルを服用する際には、いくつかの注意点が有ります。
そのひとつが、10歳以上の未成年の患者が服用することは控えたほうがいいことです。
その理由は、全く原因は分からないのですが、未成年がタミフルの服用後に異常行動をとる恐れが有るからです。
たとえば、ビルなどから転落するなどの事故の例が今までたくさん報告されています。
このため、安全のために十代の患者には、原則としてタミフルの使用を控えたほうが良いです。
その他にも、妊娠中の女性にも服用は控えたほうが良いです。
というのも、未成年の場合と同じように、妊娠中の方の投与にも安全性は保証されていないからです。
また、授乳中の方も赤ちゃんに影響を及ぼす危険があるので服用は控えたほうが良いです。