タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

妊娠初期のタミフルの服用と予防方法

妊娠している時、かかってしまうととても危険な病気の一つにインフルエンザが挙げられます。
妊婦の体は、胎児を育てる体勢が整っているために、免疫力が普段と比べてぐっと下がってしまっているのです。
そのため、妊婦のインフルエンザは、通常の人と比べて重症化してしまう傾向にあるので注意が必要です。
特に、妊娠初期は、つわりなどで体力が低下しているので、お腹の赤ちゃんのためにも健康に気遣うことが必要となってきます。
妊娠しているとタミフルなどの薬は飲めないのではないか、という思い込みがある人が多いですが、そのようなことはありません。
タミフルを服用して、インフルエンザが重症化してしまうことを避けましょう。
タミフルは、インフルエンザに効果的な特効薬です。この薬は妊娠中にも処方されます。
服用しても、流産の可能性や、胎児に影響を与えてしまうことはほとんどないので、安心して服用しましょう。
タミフルは、インフルエンザを発症してから48時間以内に飲むことで、効果が出てきます。
もし、インフルエンザにかかってしまったかもしれない、というような時は、すぐに病院へ行って検査をしてもらいましょう。
また、家族や同じ職場の人など、身近な人がインフルエンザにかかってしまった場合も要注意です。
まだ自分は発症していなくても、体の中にインフルエンザウイルスが潜んでいるという場合があります。
もし、身近な人がインフルエンザを発症した場合には、予防方法としてタミフルを服用することがおすすめされます。
タミフルと聞くと、病気にかかってから飲む薬というイメージが強いですが、実はインフルエンザの予防方法としても効果的なのです。
予防接種をしていてもかかってしまうというケースが最近では増えてきているので、特に妊娠初期の場合には、予防接種をしたからといって安心せずに、さらなる予防方法を実践することが大切です。
妊娠初期は、妊婦にもお腹の子どもにとっても大切な時期です。
インフルエンザにかからないように、きちんと予防をしておきましょう。

タミフル服用後の授乳は大丈夫?

よく口にしたものや飲んだ薬などが血液中に溶け出して授乳中には母乳にふくまれ赤ちゃんに影響を与えるという話があります。
飲んだ薬が母乳へ入ってしまう事に心配を寄せている人が多く殆どの人は授乳中に薬を全く飲まずに我慢する場合が多くあります。
頭痛があっても、薬を飲まずにじっと耐えているのは赤ちゃんに対してリスクを掛ける事は出来ないという母性からです。
しかし、これには誤解が混じっています。それは授乳中に飲んではいけないとされている薬は多くないと言う事です。
そして他にも問題とされている部分に間違いがあります。母乳の中に薬の一部が入ってしまう事が問題なのではなくて、どの位の量が混入してしまうかと言う事が重要です。
そういう観点から見ると大抵の薬は授乳中に服用していても薬の10パーセント程が母乳を通じて赤ちゃんへ移行してしまうものの、赤ちゃんへの影響はないとされています。
インフルエンザに罹った場合に服用するタミフル、リレンザ、イナビルなども体内に取り込まれる過程で10パーセント程が赤ちゃんの方へ授乳を通じて流れますがそれも心配の要らない量とされているので安心して服用する事が出来ます。
インフルエンザに罹った場合には成分の母乳混入を気にせずタミフル、リレンザ、イナビルで早期に治療を開始しましょう。
通常でもタミフルなどの抗ウィルス剤を使用した場合とそうでない場合は発熱期間を2日ほど短くするだけしか違いはないと言われていますが、発熱期間はウィルスの増殖を意味する事ですから親としてはこの期間をなるべく短くしたいものです。
但し、インフルエンザに罹った場合は服用後二日以上経ってからとし、熱が完全に平熱に戻り咳が治まった事を確認してから授乳を再開しましょう。
咳が出ている間はウィルスが飛散しているので、なるべく赤ちゃんとの接触を避けます。
状態が安定してきたと感じたら赤ちゃんへの服や咳からの飛沫感染防止の為に授乳時には服を着替えマスクの着用をします。