タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

子供にも飲みやすいタミフルドライシロップとは

タミフルはインフルエンザに対して高い効果がありますが、子供には危険性が高い治療薬です。
子供が服用すると、通常では考えられない異常行動を起こすことが頻発し、大きな問題となったのです。
服用後に見られる異常行動は、必ず起きるわけではありません。
服用後に監視しておけば、異常行動が起きてもすぐに対応することもできます。
しかし、危険性が高い薬を治療のためとはいえ、子供に飲ませることは不安になる親も多いでしょう。
そこで利用したいのが、子供用に開発されたタミフルドライシロップです。
タミフルドライシロップは、薬の効果を通常のタミフルよりも若干薄めています。
そのためドライシロップなら、子供でも比較的飲みやすいとされています。
ただし、ドライシロップという名前から甘くて飲みやすいと考えるかもしれませんが、実際は飲みやすいとはいえません。
粉末状になっており、苦味を抑えるために工夫はされていますが、それでも子供には飲みにくい薬です。
タミフルドライシロップを子供に飲ませるときは、何か別の食べ物や飲み物に溶かしてから飲ませます。
基本的には、水や白湯に溶かして飲む方法です。
水や白湯で飲んでくれる場合は問題ありませんが、子供によってはそれでも嫌がることはあります。
基本的な方法で嫌がる場合には、チョコアイスやヨーグルト、ココア、スポーツドリンクなどに溶かすと飲みやすくなります。
逆にりんごジュースや乳酸飲料、バニラアイスなどに溶かしてしまうと、余計に飲みづらくなります。
タミフルドライシロップを飲んでくれない場合は、これらの方法を使って飲みましょう。
工夫をしてタミフルドライシロップを飲ませていれば、インフルエンザの症状は治まってきます。
しかし、インフルエンザの症状を薬の効果で抑えることができても、完全にウイルスが消滅したわけではありません。
完全に消滅されるために、タミフルドライシロップは、処方された日数分を必ず飲み切りましょう。

子供のインフル予防接種が2回と必要とされるわけ

子供は大人に比べてインフルエンザにかかりやすいです。
それで予防接種をするわけですが、多くの場合、子供は2回予防接種をすることになります。
ではなぜ、子供は2回接種しなければならないのかということですが、これは1回では量が少ないので2回接種しなければならないと思いがちですが、実はそうではないのです。
その前に、インフルエンザの予防接種ですが、これは接種を受けたら、絶対にインフルエンザにかかることはないということではありません。
接種を受けることによって、症状が酷くなるのを防ぐのです。
インフルエンザにかかる時は、ウイルスが口や鼻から体内に侵入します。
侵入して体内で増殖しますが、これを感染と言いまして、予防接種ではこの感染を抑えることはできません。
感染した後に、熱が出たり、のどが痛くなったりという症状が現れます。
それが発症ということになり、予防接種ではこの発症を抑えることになります。
では子供が2回の予防接種を受けなければならないのはどうしてかと言うと、子供は体が小さいために1回では大人と同量のワクチンを接種できないためです。
ただ、これは3歳未満の子に当てはまるのです。3歳以上の子供は1回で大人と同じ量を接種しているのです。
インフルエンザワクチンは1回接種しただけでは、効果が1カ月で消滅すると言われています。
そこで、2回目のワクチンを接種すると1回目よりもはるかに高い免疫力がついて、さらに数カ月間効果が持続します。
大人が1回の接種で大丈夫な理由は、過去に同じようなインフルエンザにかかっている場合が多いためです。
しかし、大人でも2回接種している人もいます。
そうすれば、より一層接種の効果が増します。
ここで大事なのは、大人で1回しか予防接種を受けないのであれば、全く受けないのと同じではないかと思う人もいるでしょうが、それは間違いで1回でも予防接種を受けておいた方が絶対に効果があるので、意味はあるのです。