タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

子供のインフルエンザ予防方法

毎年、寒い冬の時期になると流行する病気というと、インフルエンザが挙げられます。この病気は、 毎年12月くらいに流行し始めて、だんだんと患者数が増加していきます。そして、暖かくなるにつれて、罹患者が減少する傾向に有ります。その症状とは、まずいきなり39℃から40℃の発熱が起こります。さらに、頭痛、のどの痛み、全身の関節の痛み、咳や鼻汁が起こります。さらに、咳、発熱が長期にわたって持続すると、気管支炎、肺炎などの重い合併症を併発する可能性も有ります。ひどい場合だと、命を落とす危険性もあるので注意が必要です。特に免疫力が弱い子供やお年よりは、インフルエンザにかかるリスクが高くなります。そのため、きちんと予防方法を把握する必要が有ります。
子供のインフルエンザの予防方法の基本は、流行する前に病院で予防接種を受けることです。病院での予防接種では、タミフルという薬がA型、B型インフルエンザに対して有効とされています。インフルエンザの予防接種のワクチンは、一回行えば良いというものではなく、2回の接種が必要となります。通常、11月くらいに1回目の予防接種を済ませておきます。そして、ワクチンの接種間隔を2週間から4週間くらい開けて、12月上旬までに2回目の予防接種を行います。そうすれば、効果的にインフルエンザを予防することができます。予防効果が発揮されるのは、2回目のワクチンを接種してから2週間後になります。
その他のインフルエンザの予防方法は、普通の風邪と同じような対策を行うことが大事です。たとえば、外出から帰宅してすぐに手洗い、うがいなどをすることです。手洗いとうがいをきちんと行うことで、喉や体に付着している菌を除去することができます。その他にも、夜更かしをしないで早めに寝るようにすること、室内の空気の乾燥を防ぐなどの注意が重要となります。上記の方法を守れば、子供がインフルエンザにかかることを防ぐことができます。

子供のタミフル服用後の異常行動と親の対応

タミフルを服用する際に気をつけなければいけない事は異常行動を起こすかどうかと言う事です。
現在タミフルは異常行動を起こす可能性が否定出来ないため、10代未成年者へのタミフルの使用を中止していますが、10歳未満の子供についてはインフルエンザの症状が重症化しやすいため親が子供の異常行動を観察する事で発熱時には使用を続けています。親は子供が異常な行動言動を起こした際にそれが脳症から来ているものかどうか、また窓から飛び降りたりという危険行為をしないように見張る必要があります。但し、異常行動が直接タミフルに関係しているかどうかは分からない場合が多いとされています。異常行動はインフルエンザの場合の高熱からくる熱性せん妄や脳症から起こるもの、そしてタミフルの副作用の可能性とされています。
特に熱性せん妄は危険のないもので心配する必要はないのですが、見えないものが見えると言ったり、突然怖いと泣いてみたりする症状が出る場合があります。本当に心配しなければならないのは、熱性せん妄と思っていた症状が長く続く、もしくは意識混濁状態になると脳症へ移行しているか脳炎・脳症を合併している可能性が高いのですぐに医療機関への受診が必要になります。
なぜ脳炎・脳症が引き起こされるのかというと、インフルエンザのウィルスは鼻からの感染になり、ウィルスは鼻の中で増殖する為そのすぐ上にある前頭葉が影響を受けやすいとされています。脳炎・脳症が疑わしい場合は幻覚やせん妄の他に痙攣を起こしたり、状態が悪化すると呼吸が止まったりします。脳炎・脳症が疑われる場合には躊躇せずに医療機関を受診しましょう。脳の炎症が始まるとあっという間に悪化します。熱も無くタミフルを服用後に子供が幻覚やせん妄状態になった場合にはタミフルの副作用も疑われますが親としてはインフルエンザ症状が緩和するまで子供を注視し、異常行動によって不慮な事故を起こさない様にする事が大切です。