タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

気になる2016~2017年のインフルエンザ流行情報

2016年秋~冬のインフルエンザの流行で、1週間辺りの患者報告数が去年の同時期の約5倍となっていることを厚生労働省が発表した定点辺り患者報告数で分かりました。
10月24日~30日の患者報告数が2329人となり、昨年同期の661人の4.7倍で東北と北関東で報告数の増加が著しくなっています。岩手と福井の両県では、昨シーズンに比べて2ヶ月ほど早く流行期入りの目安を上回りました。
インフルエンザが原因の学年閉鎖や学級閉鎖は9月依頼最高の58施設で、徐々にその影響は拡大してきています。
さて、気になる2016年~2017年のインフルエンザ流行情報です。前年度のインフルエンザは流行が遅かったと言われており、年が明けてから流行が始まり夏まで続いていました。そのせいか今年のインフルエンザの流行時期は例年より早まるとの予想がされています。そうなってしまうと、通常のピークは2月頃ですがそれより前に来る可能性も十分にあります。
流行時期が早まるとなると、インフルエンザに対して油断しており対策が遅れて感染してしまうことにも繋がります。つまりは学校、会社などでの集団感染が引き起こされることも十分に考えられます。
ですが、2017年のインフルエンザは新型が発生するというわけではないようです。まずは、いつもの様に手洗いうがい等の基本的な対策や食事を始めとする生活習慣を整えて流行へ備えましょう。

インフルエンザ予防の基本は3つ!

インフルエンザは予防接種も大切ですが、それ以上に日々の対策を継続して続けることが感染を防ぐ重要な手段になります。その手段は、”マスクの着用”と”手洗いの徹底”と”十分な加湿”の3点に尽きます。
インフルエンザの感染経路はほぼ飛沫感染か接触感染です。飛沫感染は感染者のくしゃみや咳から発せられるインフルエンザウイルスを含んだ気道分泌物が周りに飛び散ります。1回のくしゃみで200万個、咳ですら10万個の分泌物が発生します。1メートルほどの距離であれば、直接周囲の人の呼吸器に侵入して感染が始まります。
飛沫感染はウイルスを含む飛沫で汚染された物などに触れることにでウイルスが付着した手で口や目、鼻などを触ってしまうことで粘膜からウイルスが侵入して感染することです。インフルエンザウイルスは乾燥に強く、感染者が触れたドアノブや電車の吊革などに付着したウイルスが残り続けてそれを後から触った人に感染し、拡大することがあります。
インフルエンザの感染経路を理解した上で上記の3つの対策を実行しましょう。外部からウイルスを持ち込まないこと、粘膜にウイルスを付着させないようにすることの2点を抑えることが大切なのです。
外出の際は体調に関わらずにマスクの着用と手洗いうがいを徹底しましょう。多くの方がそれらを面倒がりますが、それが一番簡単かつ重要な対策です。日常生活では机やドアノブなど他人が触った場所を触る機会が多くあります。そこを触った手で粘膜に近い口や鼻に触れてしまうのが非常に危険なのです。