タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

病院のインフルエンザ検査方法

インフルエンザにかかっているかの検査は、症状や、患者の家族や学校での流行状況などを考慮して行います。インフルエンザは感染力が高く、重い合併症を引き起こす恐れがある病気です。乳幼児や体の弱い子供、老人などにおいては、肺炎や脳症を引き起こす恐れがあり大変危険です。熱や鼻水などの症状があらわれた場合、風邪であるかインフルエンザなのかの判断を病院の検査で的確に行うことが大切です。検査は発症して12時間以上経過し、ウイルスが繁殖してからが望ましいとされています。最初の検査で陰性であった場合でも、感染の疑いが強いと疑われる状況や症状によっては、ある程度増えたであろう時期に改めて検査することを勧められます。
インフルエンザの検査方法は、検査キットを使用する方法と分析装置を使用する方法があります。検査キットでの検査方法は、ウイルスを抗原とし検査キットに用いられている抗体に反応するかどうか色の変化を目視で判断します。細長い綿棒で、喉や鼻の奥の粘膜を擦り取って検査薬に浸して結果を待ちます。分析装置の検査方法では機械が判定するので、目視より正確な結果を得られるという利点があります。ウイルスを目立たせることにより、繁殖率が低い場合でも検出することが期待できるため、初期での検査に有効です。いずれも病院での検査の後、検査結果を聞くことができます。検査結果が出るまでの時間は15分程度です。インフルエンザの検査が体に害を及ぼすことはありませんが、鼻や喉の奥まで綿棒を入れるので痛みが伴います。検査時期が早すぎて正確に判断できない場合、再検査で再び痛い思いをすることになります。精神的肉体的な負担を増やさないためにも、発熱が始まってもすぐに病院に駆け込むことをせず様子を見ましょう。夜間の発熱で夜間外来を訪れ、インフルエンザウイルスに感染してしまうケースも見受けられます。
インフルエンザの薬は、ウイルスの数が増えすぎる前に服用した方が効果が高いと言われていますので、検査をする時期が遅すぎてもいけません。抗インフルエンザ薬は、発症から48時間に服用した場合に有効です。再検査と検査料金の余計な負担を避けましょう。

インフルエンザ検査で陽性と出たら

インフルエンザは、毎年、冬の寒い時期に流行する感染症です。風邪の延長線上の病気だと思われている方が多いですが、毎年、多くの死亡者がでています。初期の症状は熱、鼻水、咳、関節痛などが挙げられますが、ひどくなると肺炎、脳症を引き起こすことが有ります。なので、体調に異変を感じたらすぐに病院で検査する必要が有ります。
インフルエンザの検査方法は、ただ鼻やのどの奥から細い綿棒で粘膜を拭うだけで終わります。あとは、採取した粘膜を検体処理液に入れるだけです。検査は、10分から15分くらいで終わります。陽性の場合は、検査キットに陽性ラインが出現します。
インフルエンザ検査で陽性と出たら、まずは治療として抗インフルエンザウイルス薬を服用します。この薬をインフルエンザが発症してから48時間以内に服用すれば、体内でのウイルスの増殖を抑える効果が有ります。そして、インフルエンザの辛い症状を早い時期に緩和することができます。また、その他にも熱がひどい場合には解熱薬、のどの痛みには消炎鎮痛薬などのそれぞれの症状を抑える薬を服用します。処方された薬は、必ず医師の指示に従って服用することが大事です。
その他にも、陽性と診断されたら、他の方に移さないように処置を行う必要が有ります。そもそもインフルエンザ菌は、飛沫感染で他の方に移ります。なので、必ず外出する際にはマスクを着用しなければいけません。そして、できるだけ人が多く集まる場所に行くことは控え、学校や仕事も休む必要が有ります。特に早期に治療をするには、十分に睡眠をとることが大事です。また、ウイルスの空気中での感染を抑えるために、室内の湿度を50パーセントくらいの多湿に保つことが大事といえます。
治療の際の注意点は、たとえ熱が下がっても油断しないことです。というのも、インフルエンザは一時的に平熱に下がっても、また発熱する恐れが有るからです。熱が下がって外出すると、他の人にうつす可能性があります。なので、熱が下がっても最低でも2日間は安静に過ごしたほうが良いです。